まとめページ

2020年7月7日火曜日

おとなの階段

7月は次男の誕生月。「何買ってもらおうかな~ウフフ」なんて言っていたので、また「トイザらス」かモールのおもちゃ売り場行きかな...と覚悟していたら、「鞄と折り畳み傘がいい!」と言う。え!?おもちゃ卒業した。もうそんな?早くない?
コロナなので公式通販で。柄は一緒に画面覗き込んで「これが良い」と。マイクラっぽい色味で選んだんだろうけど、セール柄選ぶとは!色々素晴らしいなお前は。傘は今輸送中。
早速どや!あ、ゴミ箱写っちゃった。

入院が2013年だから2歳だったのか、あの時。あっという間...かな。そうでもないか(笑)

お読みくださり
有難うございました(。◕∀◕。)ノ

↓子宮がん登録ブログはこちらから
↓トラコミュいろいろ参加中☆彡

2020年6月26日金曜日

リンパ浮腫治療室 他

リンパ浮腫治療室の予約を忘れて1ヶ月過ぎた。本当は3月に頼んだタイツの調子がどうかチェックしてもらうはずだったが、出勤と在宅のバランス、それによって次男の学童保育や、朝の学校預かりを頼むかどうか、予定管理に気をとられてすっかり自分の通院日を落とした。治療室から電話が来たが、それでも思い出さず、診察券の日付をみて信じられなかった。しかもまだ再予約していない。後回しになったままだ。

父の日には夫にひのきのアロマオイルとエコバッグをあげた。あと、ポケットのある半袖シャツ(ワイシャツやアロハ以外)を欲しがっていたのでサファリシャツも。夫は歩き回るショッピングが嫌いなので欲しいものを自分の足で探さない。私が「こんなのどうか?」と説明して「じゃあそれ買って」とお金を渡される。

お金と言えば、長男の後期授業料を払い賞与と給付金が入りほぼトントン。それより今朝、下前歯が7本抜ける夢見た。痛みはなく血も出ずにボロっと取れた。そこら辺の夢占いを見たらあんまり良くないことが書いてあった。

あと、6月はぎっくり腰になった。10日間ぐらい痛かった。せいぜい1週間かとタカをくくっていたらとんでもない。内科通院で採血をしたら脂質がまた悪くなっていた。運動不足かな。スケートもトランポリンも4か月してないし。経済再開してもまだリンクは一般のレッスン禁止の状況は続く。しかもウイルスがなくなったわけではないので、患者数はまた増えてるしな。このまま再自粛になったりして~ハア

今年も山形の農家から買った佐藤錦。腹壊すけど手が止まらない。たまに凄く甘いのがある。

お読みくださり
有難うございました(。◕∀◕。)ノ

↓子宮がん登録ブログはこちらから
↓トラコミュいろいろ参加中☆彡

2020年4月19日日曜日

経過観察 内診採血

2020.03.28 婦人科 9:00

朝8時には着いたが、今までの部長先生と違ってきっかり9時にならないと診察が始まらないので早く来ても意味がなかった。土曜はメンバー固定ではないので、まだどんな先生か分からない。

ようやく呼ばれて部屋に入ると女医さんだったので少し安心した。今回は内診をする。分かっていたのではじめに、痛みがあることを伝える。台に上がって待つ間に、ナースが準備で出した拡張器のサイズを変更するようにとの指示が聞こえて安心した。でも痛かった。器具は大丈夫でもブラシで引っ掻くたびに激痛。出血もした。そしてものすごく長い時間に感じた

術後から今までずっと異常なし。今回は結果が悪ければ連絡が来る。(電話で結果を聞くのは部長先生だからOKだったんだと。なんだそれw)連絡来ないから多分異常なし。次は9月←今の気分「痛いから二度と行かない!」

3月に頼んだ弾性ストッキングが約1ヶ月で届いた。今回はデニムとグレー、サイズも微調整したので、いつも破れる所が長持ちしてくれると期待している。
写真は「デニム」
 膝のコンフォート加工↑
 こういうハギ合わせのところが一番破れやすい↑
ウエストの切り替え
新しいゴムの伸びが気持ちよい。古くなると紙みたいになる。


お読みくださり
有難うございました(。◕∀◕。)ノ

↓子宮がん登録ブログはこちらから
↓トラコミュいろいろ参加中☆彡

2020年3月21日土曜日

リンパ浮腫治療室 31回目

2020.03.19 13:10~

治療室はまた移転して新しい場所になった。地図を見ながらビルに入りエレベーターのドアが開くとすぐ受付。その距離が近すぎて吹いた。でも担当さんはいつもの人だったので安心した。

計測値は、概ね維持出来ている。1月から体重が2キロ落ちたのだが、太ももが1~2センチ細くなっていた。太ももはパーツとして大きいので、うっすらと脂肪が取れた程度でも大きく変わってくれる。スクワットすればもっと稼げるかな。でもパンプアップは禁忌だ。逆にリンパ増えるから。足首と脹脛は前回と変わらなかった。左右差では右が悪い。感覚としては左の方が鈍くて重い感じがするのだが、数値は右が太いのだ。利き足だから太くて当たり前なのか、浮腫が起きやすいのか、自分では分からない。付き合っていくしかない。

術後数年記録し続けて分かったのだが、私は、冬のおわりから春のはじめ頃が一年で最も体重が軽い。ところが今と去年の同日比では2キロオーバーしている。このまま、いつもの調子で夏に太ると当然、去年の夏より太ってしまう。これを忘れずに過ごしたい。(どういうわけか暑いとどうでもよくなってしまう)アイスよりはかき氷を選ぶとか......?

目下、コロナ自粛のためリンクへ行けず、もう一か月も滑っていない。運動が足らないのなら、摂取カロリーを減らすしかない。リンク一般営業も再開してほしいな~土日暇すぎる。

今回は、新しい平編みのタイツを注文した。悩みは、座り仕事だからなのか、尻の部分がすぐに穴があくこと。平編みは脚部分(筒状)のセンターと、パンツ部分とのハギ合わせの場所が3方向に引っ張られる形になる。縫い目が多いと引っ張られた時に穴が開きやすい。しかし、単にサイズを太くしたり長くすると、だぶつきの皺が新たな浮腫の原因になるのと、下から上げてきた折角の圧が逃げてしまうので、難しいらしい。どこの部分を広げると一番効果的なのかを、タイツを履いた状態で座って見てもらった。しかしこういうのって、今どき3Dプリンターの技術で、シームレスなタイツが出来ないものだろうか。出来そうだけどなあ。

治療室の後、クリニックへ寄って指示書をもらう。手術の日だったが事前に予約をしていたのと、診察を受けないので、5分で済んだ。

お読みくださり
有難うございました(。◕∀◕。)ノ

↓子宮がん登録ブログはこちらから
↓トラコミュいろいろ参加中☆彡

2020年2月22日土曜日

僕はスケートの子⛸

小2の冬、次男はスケート⛸を選んだ。

スケートを始めたきっかけは自分の意思ではない。5歳の9月ごろ、私が誘って体験レッスンを受け、楽しいか?またやるか?と誘導気味に、次、また次と約束する手口(笑)とうとう6歳の秋、6~7万するスケート靴を買った後に「やめたい」と言い出した。どうしようかと思ったが、月にたった2回だし、先生と約束しているから行こうよと引っ張って来た。もちろん先生にもすぐに相談した。自分の意志で始めたのではないからこういう事はこれからも何度か起こるよ。大人はどれだけ我慢できるか、それだけだと。

ちょうどその頃、友達からサッカーの誘いを受け、体験に行った。自転車を買い、引き落とし口座を作り、体制を整え、あとは曜日を決めて下校後に着替えて行くという所まできた。スケートは大きい荷物を持ってバスに乗らないと行けないが、サッカーはボールとドリンクだけ持てば自転車で行けるし、友達のお母さんが一緒に行ってくれる。もう、こっちの道に行ってしまうのかなとあきらめかけた。

スケートの先生は、サッカーのパスはスケートにはない足の動きだからサッカーはやらせたくないと言っていた。(スケートの子が蹴るとボールがポーンと上がってしまうんだとか)それも知った上で、体験に行かせていたのだから随分太々しいが、私には止めることが出来ずにいた。

ところが徐々に、学校や学童でのサッカー遊びにに加わらなくなった。そこまで勝ちに拘る性格ではないのと、やりたくない時に気軽に離脱できないチーム連帯に息苦しさを覚えたようだ。本当はやりたくないのに参加させられて、試合中に足が止まると注意される。競技への熱が冷めた。管理された練習は好きだけど試合は嫌い......。これではクラブチームには入れないだろう。クラブは試合に勝って上のグループに残るのが目標だから。

一方のスケートは、私と先生と大人のスケート仲間がみんなでスケート愛を育て続けた。嫌いにならないように。「やめないでほしいな~だって勿体ないから。」その日その日の進化を褒めて。自分では「怖いからできない」と思っていたスピンが回れた時、リンクで泣いたよね。ジェルチューブを撚れないように着けて靴も履けるようになった。最近では真ん中エリアでサークルをクロスで回ったり、コンパルも習っている。ジャンプはまだシングルだけどワルツ、トーループ、ループを練習している。この練習量の少なさで、ここまでの向上が見られるという点では、はっきり言って習うべきは次男の方かと思うぐらい。学校の音楽で、音への反応の良さを誉められたのも大きい。フィギュアは踊りの勘の良さも必須だから。

そして「サッカーの体験は行かない。もうスケート進んじゃっているからスケートに絞る。」と言った。(申し込んだサッカー体験も断らなければ。)今まではレッスンの日だけ行っていたリンクへ「自主練したい」というので初めて自分から練習しに行った。感無量。この際、練習の中身は不問^^;たまたまクラスメイトがレジャーで来ていて、いっちょ前に教えていた。「もっと上手くなってほしい」なんて言いながら。(心配なので私も同伴)

スケートは自分と向き合う競技だが自己愛だけでは頭打ち。プライドを育てつつ、反省と改善を繰り返し、理不尽さとも付き合って、コントロールしなきゃいけない。リンクでたったひとりでみんなに見られながら、弱い部分がもろに出るからね。それすら愛される、戦える力を備えた、美しく、バランス良い人間。答え合わせはいつかな?


お読みくださり
有難うございました(。◕∀◕。)ノ

↓子宮がん登録ブログはこちらから
↓トラコミュいろいろ参加中☆彡